学生時代に比べると社会人は出会いが無くなるのでどう対処すべき?

男女の出会いの多くが学生時代に集中していると思います。

小学生の頃はあんまり恋愛というものが分からなかったり、まだ異性をそういった目でみていなかったりする為、「出会い」と感じることはないと思います。

しかし、中学生になると話しは違います。

まず、異性を異性として認識してきます。

例えば、男女でペアを組んでくださいといってもなかなかペアは出来ないでしょう。

そして、中学生になると大抵いくつかの小学校から生徒が集まります。

異性を異性として認識する。

つまり「出会い」というものを中学生になって理解します。

そして、その出会いから恋愛は始まります。

中学校に入学して違う小学校の人と出会い、仲の良いグループができ、しだいにグループ内で好きな人ができてその後、告白したり、告白出来なかったり。

高校入学したら更に多くの人に出会い、異性と話す機会も中学生の頃より恥ずかしさがなくなり多くなると思います。

更に高校ではいろんな行事があるため、自分の意中の人にアプローチするチャンスが増えます。

そして、文化祭や体育祭では他校の生徒とも交流が増える為、出会いがたくさんうまれます。

大学に進学した場合はもっとたくさんの異性と話す機会が増え、出会いも増えます。

サークル活動やバイトなどをしていたらなおさらです。

このように学生時代は、出会いにとても恵まれているのです。

では、社会人になったら出会いがなくなるかと言われればそうではなく、学生時代よりも、少なくなるということです。

確かに入社する時は出会いですが、その会社を退職しない限りほとんど出会いのチャンスすら訪れないでしょう。

それに、社会人になって間もない時期は仕事のことで精一杯で、出会いを求める余裕がないということもあります。

そして、異性との出会い方や、異性との接し方が分からなくなり、出会いを求めなくなったり、異性との接触に苦手意識がうまれてしまいます。

なので、学生の時にしっかり出会っていい恋愛をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です