女性と話すのが苦手で汗が止まらずに困ってしまう男性の対処法

女性と話すのが苦手と感じている男性の場合、二人きりで会話をする状況では汗が止まらずに困ってしまうことも多いでしょう。

しかしながら、清潔第一の現代社会において、汗っかきは女性が最も苦手とするタイプのひとつ。

このままでは自信を持って会話することさえ儘なりません。

そこで、汗っかきな自分をより良く見せるためのポイントをご紹介します。

まずは、汗染みの目立たない洋服を選びましょう。

お笑い芸人が一生懸命さをアピールするために汗染みを敢えて目立たせることがあります。

その時に好まれるのがグレーのTシャツ。

脇や背中にジワーと汗染みが目立ち、汗を掻いていることが直ぐに解ります。

でも一般的に汗染みは目立たないほうがベター。

そこで選びたいのが、Tシャツの場合には白です。

ただし、下着と見間違えられてしまうようなデザインは避けるのが賢明です。

また、Tシャツの上にシャツを羽織るのも汗を目立たせないテクニック。

これだと色に縛られないので、おしゃれの自由度がアップします。

そして、汗を掻いても不潔に見られないように髪は短めに整えるのがポイントです。

ヘアスタイルが長めの場合には、汗でスタイリングが崩れたり、首筋や顔に髪がペタッと張り付いて見苦しく感じます。

そうなるのを防ぐためにも短めが鉄則。

長髪は臭いの発生にも関連するので、要注意!

最も重要なのが、清潔なハンカチです。

ハンカチはアイロンが掛かったものが最適。

くしゃくしゃにならないように使ったり、予備のハンカチを持つのも一案です。

たくさん汗を掻くならば、タオルハンカチもいいでしょう。

ブランド物も販売されているので、ちょっとおしゃれに見えるはず。

反対に首からスポーツタオルを掛けるのは言語道断です。

例えそれがスポーツブランドの良品だったとしても、使用厳禁と心得ましょう。

このように相手が少しでも不快感を感じないように対策を講じると、その気持ちは相手に伝わるもの。

何事も、開き直りは禁物です。

汗を掻くのは仕方がない。

でも、搔いた汗を気にしないのはタブーなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です